はしのーと

◇旅する絵描き実践録

星の呼ぶ声がする。

世間はキラキラ騒がしくて、

サンタのおじさんは大仕事。

だけどね、今日はボクにとって、

大好きなキミが生まれた日。

届くといいな。

届かないかな。

 

もう一緒にいられないけれど、

それでも勝手に、

への贈り物を愛でつつむよ。

お誕生日おめでとう。

 

 

 

 

 

 

「くらげが描きたい」という気持ちから、イブに生まれた絵です。いつの間にか猫になっていました。

実は背景を一度失敗していて、「なら猫だけ切り抜いてしまおう」と強硬手段をとったのです。青い背景と星たちを書き直して、猫をペタリ。

タイトルも迷走して、当初Twitterには「星くらげの笛」とつけて投稿していました。しかし  あとからぴったりくるものが浮かんで、現在に至ります。

 

 

◆当時のツイート

 

目がとても綺麗ですね」と感想をいただくのですが、実はこれも偶然の産物ということは秘密です。

 

よく見るとボールペン部分より青の絵の具が滲んでいるのですが、本当はボールペンの内側で青をいれようとしたら、筆のサイズを間違えたのか外側まで滲んでしまったのでした。

結果として綺麗な表現ができたのでオールオッケーなのですが。

 

そんな風にほとんど計算違いがおきていて、まあそんな遊び心も必要だよねと自己解釈した絵です。

なんでもそうですが、形ができてしまうときれいな理由は後付けできるものですね。

 

「いいのが描けたなぁ」

自分なりにそう思う時はいつだって、誰かのための絵だったなと思う今日この頃です。

 

※こちらの作品は非売品です。

お問い合わせはこちらまで:hashino.travel@gmail.com

返信する

© 2019 はしのーと

テーマの著者 Anders Norén