はしのーと。

◇旅する絵描き実践録◇

運営者プロフィール

 

はじめまして、はしのと申します。星の数ほどあるサイトの中からようこそお越しくださいました。

 

◆7人兄弟9人家族のお絵描き長女

物心ついたときから絵を描く子どもだった、というのは一般的だと思いますが、唯一自慢できることがあるとすれば、某テレビ局から取材の依頼がくるほどにはユニークな家族構成で育ったことです。

親子ほど年の離れた兄弟や人に囲まれてきたおかげか、尋常でない好奇心をもち、乗馬やジャズダンスなど様々な体験に身を投じてきました。

それでは飽き足らず、15歳になったとたん仲間とカンボジアへ飛び出したこともあります。

 

首都プノンペンのスラム街にて

 

 

◆優等生のいい子ちゃん

衝撃続きのカンボジアに魅了され、海外に強い興味を持ったものの、しかし帰国後はあっという間に受験の波に流されていきました。

テストは上から5番目以内でなければ意味がない。先生の言うことはしっかり聞かなければならない。もともと生真面目な性格も影響して、いつしか自分の夢より目の前の成績しか見えなくなっていました。

 

 

◆大衆の価値観が、自分の夢と一致することはないのだと知った

某国立大学に入学後の生活も、楽しいはずなのに何か満たされない。進路先は多くが教員か県か市の公務員。誰もが肯定する「安定した職業」。けれどたまに会う先輩の顔は暗く、話すことと言えば貯金額か上司の愚痴ばかり。

「安定」って何だ?結局みんな、「安く定まっている」だけじゃないか?そこに自由はあるのか?

 

カンボジアで感じた感動をもう一度味わいたい。そうだ、私は旅をして生きていきたい。もっと自分の絵を追求したい。

気が付いたのは大学4年の春でした。就活をやめあと一単位で卒業確定という時点でわざとテストを休み、計画的留年に踏み切りました。

高成績を収めても望む自由がその先にないのなら、自分の道を探す時間をとるべきだと思ったのです。

そこから紆余曲折を経て、現在はネットで生計を立てながら、絵描きと旅人を両立したライフスタイルを実践しています。


先月はDubaiを開拓

 

◆目指すのは「なんかいい絵」

私の人生の目的の一つは、旅をして「なんかいい、心に届く絵を描くこと」です。形がとれている、色遣いがきれいなどの「上手い絵」は、ある程度練習すれば誰にでも描けます。

けれど、「うまく説明できないけれど、なんか響く絵」は、一定の格闘を乗り越えた人にしか描けないと考えています。へのへのもへじと、モネの絵は全く別物に見えるように。

極めて主観的な話ですが、要は「私にしか描けない絵」を描くことが、ひとつの目標としてあります。それには自己成長と場数(経験)を積むこと。だからビジネスを学び、読書をし、旅に出て、世界を知りたいと思っています。

 

(過去の軌跡)

 


2016年

 

2017年

 

2018年

 

未だ未だ至らないことできていないことばかりですが、例え「お金を払うからやめてくれ!」と言われても、学びを止めるつもりは一切ありません。

あらゆる出来事や情報を踏まえて乗り越え、知恵にして、高みを目指したいと思っています。

 

◆このブログの目的

しかし人には、能力の限界があることも自覚しないといけません。時間は有限で、一人でできることは限られています。

このブログを書く理由は、価値観の似た仲間と集合知を共有したいからです。絵描きでも、サラリーマンでも、専業主婦でもマラソンランナーでも大学生でも、”可能性に生きたい”と思うあなたと、一緒に成長していきたいと思っています。

人類総アーティスト時代と呼ばれる現代、個人が影響力を持ち、【自分にしかできない仕事】が求められるようになりました。

それをみつけるきっかけや深める手段などを発信していきますので、学べることがあるな。と感じていただけるなら、引き続きお付き合いいただけたら嬉しいです。

はしの

前へ 投稿

1 コメント

  1. にゃも 2018-04-24

    「人類総アーティスト時代」本当になっとくです。これからはコンテンツを作れる人たちが強くなっていくでしょうね。ユニークな体験、発信方法をこれから日々磨いていかないとなぁと、再実感させられる記事でした。いい気付きをくださりありがとうございます。

返信する

© 2019 はしのーと。

テーマの著者 Anders Norén